浮気や不倫に使われることが多いアプリと手口を紹介!

浮気や不倫に使われることが多いアプリと手口を紹介!

浮気や不倫に使われることが多いアプリと手口を紹介!

浮気・不倫相手と連絡を取るのに、電話やメールは過去の話。スマホを持っている人なら、無料通話アプリを使ってこっそりと連絡を取るのは、もはや常識です。

しかし、浮気をする人こそ、パートナーが自分のスマホをチェックすることは想定しているもの。メールや着信履歴の削除はもちろん、アプリ内での会話の削除や非表示、アプリのカモフラージュなど、スマホの覗き見やチェック対策も万全です。

そこで、浮気や不倫をする人が使いがちなアプリを、手口や対策と一緒にまとめました。

スマホチェック、もしくはパートナーのスマホを見る機会のある人は、怪しいアプリが無いかチェックしてみましょう。

パートナーのスマホの中身が見れない人でも、パートナーの携帯(スマホ)の中身を見る方法などで、マナー違反にならない程度にスマホの中身をチェックしてみましょう。

1、チャット&無料通話アプリ

いくつもチャット&無料通話アプリが出ていますが、浮気や出会いなどでよく使われる主要なアプリをご紹介します。

LINE(ライン)

app-lineLINE(ライン)
LINE Corporation
価格: 0円
btn_appstore

無料通話アプリで有名なLINEは、スマホユーザーならほぼ誰でも使ったことがあるアプリではないでしょうか。浮気アプリというよりも、普通に友人などとチャットに利用する人がほとんどなので、スマホに入っていても特に怪しくは見えません。

しかし、使い勝手の良いスタンプや、写真や動画も送れ、さらに無料通話もできるので、浮気アプリとしては最適です。

また、出会い系やSNSなどで浮気相手に知り合った場合、メールアドレスや電話番号を交換するにはハードルの高い相手であっても、LINEのIDを教えれば、ID検索機能を使って繋がることができるので、非常に使いやすいアプリとも言えます。

パートナーがLINEを頻繁に使うようになった、普段使わないようなスタンプを使うようになった、などの違和感を感じたら、注意深く様子を見ましょう。

LINEで浮気をしている場合、浮気の証拠隠滅としてトーク履歴を削除、または「非表示」に設定している可能性があります。

非表示機能はブロックとは違い、単に表示画面に表示されなくなるだけで、メッセージは受信されます。特定の友達を「通知オフ」にしておけば、メッセージが受信されてもスマホ上に受信表示も表示されないので、浮気相手とのやり取りは全くわかりません。

トーク履歴を非表示にしてあれば、トーク内容は削除されずにトークリストに表示されないので、いくらLINEのトークをチェックしても見つかりません。

トークを毎回全て削除している場合は内容を見ることはできませんが、トークを非表示にしている場合は非表示トークを見ることができます。

LINE(ライン)からパートナーの浮気の証拠を探す方法

KakaoTalk(カカオトーク)

app-lineKakaoTalk
Kakao Corp.
価格: 0円
btn_appstore

カカオトークはLINEに比べると利用者が少ないため、LINEのサブとして使う人が多いです。例えば、LINEは友人や家族同士のやり取りに使い、浮気・不倫にはカカオトークのIDを利用するといったように使い分けている人もいるようです。

特にカカオトークは、出会い系のように体の関係の相手を探すのによく使われます。メッセージをやり取りする相手「カカ友」を探す掲示板では、出会い目的の書き込みで溢れています。
また、出会い系サイトやアプリではカカオトークのIDを交換する人が多いようです。

カカオトークは浮気には最適なアプリです。一度スマホにインストールしておけば、アプリを削除しても、再度アプリをインストールした際に相手からのメッセージが届くようになっているので、スマホ内にこのアプリがないからといって安心できません。

このアプリを使ったあと削除し、時間がある時に再度インストールしてメッセージをチェックするという使い方もできてしまいます。

スマホチェックの際には、カカオトークをインストールしたことがあるかどうかも調べたほうがいいでしょう。

一度インストールしたことのあるアプリは、削除しても履歴がクラウドに保存されているので、すぐにわかります。

iPhoneの場合、アップルストア内でカカオトークを検索し、インストールボタンがクラウドの形をしていれば、過去にインストールしたことがあるアプリだとわかります。

Skype(スカイプ)

app-lineSkype for iPhone
Skype Communications S.a.r.l
価格: 0円
btn_appstore

無料通話の元祖とも言えるSkype。一昔前まではパソコンの前に座ってヘッドフォンとマイクで会話するという使い方が一般的でしたが、スマホの登場で気軽にアプリとして使えるようになりました。

仕事で使われることが多いので、スマホにインストールされていても仕事で使うために入れているように見せることができるため、浮気アプリとしては穴場です。

もちろん無料通話以外にもチャットも使えるので、メッセージのやり取りもできます。

しかもサインアウトしてしまえば、ログインした時点でメッセージが届く仕様ため、着信やメッセージの通知が表示されないので浮気ツールとしても向いています。

Skypeのアプリが入っているのに、サインアウトされている(ログインされていない)場合は、見られたくないメッセージのやり取りがあるのかもしれません。

ChatWork(チャットワーク)

app-lineチャットワーク – 仕事で使えるビジネスチャットツール
ChatWork Inc.
価格: 0円
btn_appstore

こちらも仕事で使われることが多いアプリですが、浮気・不倫相手と連絡を取るのに使っている人もいます。スマホに入っていても怪しくなく、実際に仕事で使用している人も多いので、実際に会話内容を見て見ないと、浮気で使っているのかわかりません。

しかも「タスク管理」もできるので、浮気・不倫相手とのデートの予定などの日程管理もでき、「ファイル共有」で写真や動画を簡単に共有することもできます。

カップル専用アプリPairy

app-lineブックがもらえる、カップル専用アプリPairy
Timers, Inc.
価格: 0円
btn_appstore

名前の通り、カップル専用で使うとラブラブ度がアップするアプリなのですが、浮気・不倫相手と使っている人たちもいるようです。

2人専用のチャット、2人の予定を管理できるカレンダー機能など、2人の記念の写真を共有・保存ができるアルバム機能や、記念日カウント機能など、とにかくカップルにとっては嬉しいアプリです。

通常はカップル間でしか利用されないはずのアプリなのですが、自分が恋人・配偶者なのに、スマホにこのアプリが入っていて、自分が使ったことがないとしたら要注意!確実にクロを疑った方が良いでしょう。

WhatsApp(ワッツアップ)

app-lineWhatsApp Messenger
WhatsApp Inc.
価格: 0円
btn_appstore

日本では利用者が少ないですが、海外では頻繁に使われるチャットアプリです。イタリアやスペインなどのヨーロッパ諸国では、浮気のツールとしてよく使われるアプリのようです。

使い方はLINEとほぼ同様で、チャットはもちろん、無料通話もできます。LINE同様パソコンからも使えます。

日本では使用している人が少ないですが、LINEのサブとして使い分けている人もいるようです。

2、メールアプリ

スマホが普及して使い勝手が良くなったのが、無料で取得できるメールアドレスです。メールアプリでメールアドレスを取得する設定をしておけば、フリーメールアドレスでも、スマホで受信した瞬間に確認することができます。

Gmailに代表されるような無料で取得できるフリーメールアドレスを使って、浮気・不倫専用アドレスとして使用している人もいるようです。

無料で取得できる有名なメールアドレスには以下があります。

  • Gmail
  • Yahoo
  • Windows live(Hotmail)
  • Outlook
  • Aol

上記のメールアドレスは専用のメールアプリも出ていますが、メールアプリは他にもいくつもあるので、怪しいメールアプリがないか注意して見てみましょう。

ただし、Gmailなどの無料メールアドレスやプロバイダーのメールアドレスを、仕事用として使用している人もいるため、メールアプリに複数メールアドレスが登録されていたからといって、必ずしも怪しいとは限りません。

メールアプリをチェックする場合は、明らかに怪しいメールアドレスの登録がある場合はもちろん、メールを振り分けして整理している人もいるので、怪しいメールフォルダ(浮気専用フォルダ)が無いか、「ゴミ箱」に削除された怪しいメールが無いか、さらに削除し忘れやすい「送信済み」メールフォルダにも怪しいメールが無いかチェックしましょう。

Gmail(Gメール)

app-lineGmail(Gメール)
Google, Inc.
価格: 0円
btn_appstore

Gmailは世界でもっとも利用されているフリーメールアドレスと言えます。
複数無料で取得することができるので、いくつもメールアドレスを取得して、浮気・不倫専用として利用している可能性もあります。

Gmailはとても使い勝手が良いメールアドレスなので、スマホ使用者の中には、キャリアメールを使用せず、Gmailをメインのメールアドレスとして使用している人もいるくらいです。

Gmailアプリでは、複数のメールアドレスを受信設定することができるので、浮気専用のメールアドレスを受信設定して使用している可能性もあります。

3、SNSアプリ

昔はネットで知り合うというと怪しいというイメージでしたが、最近は気軽に知り合えるということから、SNSは浮気・不倫の温床となりやすくなっています。

SNS上では自分を偽りやすく、実物よりも魅力的に見せることができてしまいます。

SNSアプリには、ユーザー同士で個別メッセージを送れる機能があります。アプリ上で盛り上がって、実際に会う話になることもあるでしょう。

特に匿名のものほど、出会いアプリのように使用している人もいるようです。自分の知らないSNSアカウントを見つけてしまった、鍵アカウント・裏アカウントを見つけてしまったと言った場合は要注意です。

SNSはパソコンでログインしている場合は、ログイン時にIDとパスワードが必要になりますが、アプリを使っている場合はログインが省略されている状態になっているはずです。

よほどのことがない限り、アプリ起動時にパスワード入力などの認証設定はされていないはずです。むしろアプリ起動時にログインが必要になる設定のもの以外のものにパスワード認証が設定されているような場合、スマホをチェックされることを前提としてロックをかけているはずですので、逆に怪しいと見るべきでしょう。

Facebook(フェイスブック)

app-lineFacebook
Facebook, Inc.
価格: 0円
btn_appstore

Facebookは実名登録が義務付けられている為、あまり無関係の人と知り合うことは少ないかもしれません。しかし、友人の友人といったように、どこの誰だか身元が分かっていることで、逆に安心して関係を持てるようです。

さらに、昔の友人とも気軽に連絡が取れるようになったことで、学生時代の同級生や元カレ・元カノと繋がり、久しぶりに会って関係を持ってしまう人もいるようです。

Facebookのアカウント上で繋がっている場合は、怪しい投稿がないか、知らない友人がいないかチェックしておきましょう。

Facebookでは専用のメッセンジャーにて個別にメッセージを送れます。無料通話もできるので、アプリ上で全てやり取りが完了できてしまいます。

app-lineMessenger
Facebook, Inc.
価格: 0円
btn_appstore

Facebookは基本は実名で1つのアカウントしか持つことはできませんが、本名でなくても登録することはできるので、サブアカウントを持つこともできます。
複数アカウントを持っている場合、メッセンジャー上からアカウントの切り替えができるので、サブアカウントを使ってメッセージのやり取りを行うこともできます。

アカウントの切り替えは、Facebookメッセンジャーアプリのパーソナル>アカウントを切り替えるで、所有しているアカウントリストが表示されます。メッセンジャーアプリ内を見ることができる場合、自分の知らないFacebookアカウントを使ったメッセージのやり取りがないかチェックしましょう。

Twitter(ツイッター)

app-lineTwitter
Twitter, Inc.
価格: 0円
btn_appstore

Twitterは日々のつぶやきを投稿できるツールとして、多くのユーザーが利用しているアプリです。Facebookと違って偽名で登録できるので、顔も名前も知らない相手とネット上で知り合うことができます。

Twitterのアカウントが分かっている場合は、日々のつぶやき内容やフォロワーをチェックしましょう。

アカウントがわからない場合は、ユーザー検索で名前やあだ名、短縮名、ローマ字入力などで検索してみましょう。

アカウントが見つからない場合は、特定したい相手のメールアドレスをスマホのアドレス帳に登録しておき、「おすすめユーザー」の”友達を見つける”から、「連絡先をアップロード」>「連絡先を同期」で、そのメールアドレスでTwitterをしていればアカウントを見つけることができます。

Twitterではユーザー同士でメッセージを送ることもできるので、Twitter上で意気投合して直接メッセージを送るようになり、会うことになっても不思議ではありません。

ユーザー間のメッセージは、Twitterの下のメニュー「メッセージ」から送ることができます。メッセージを選択すると、個別メッセージのやり取りのあるリストが表示されます。

さらに、Twitterは複数アカウントを切り替えることができるので、通称「裏垢(裏アカ、サブアカ)」と呼ばれる裏アカウント、「鍵垢(鍵アカ)」と呼ばれる非公開の鍵アカウントが存在します。

鍵アカになると、一般には非公開となりフォロワーのみにしか公開されません。鍵アカウントの内容を見るには、鍵アカウントからフォローしてもらわないと見ることはできません。

不倫上級者になると、2人専用の鍵アカウントを作成し、つぶやきで会話し、会話が終わったら全て削除するという高度な使い方をしている不倫カップルもいるようです。

アプリ内を見ることができる場合、Twitterアプリから複数アカウントを利用しているかどうかを確認するには、Twitterの下のメニューから、プロフィール>プロフィール変更の左側にあるボタンをタッチすると、登録されているアカウントのリストが表示されます。
アカウントリストの中に鍵アカがある場合、アカウントの右横に鍵のマークが表示されます。

mixi(ミクシィ)

app-linemixi
mixi, Inc
価格: 0円
btn_appstore

日本のSNSの元祖とも言えるmixi。一時はユーザーが多かったmixiも、Facebookの台頭でユーザーが流れていき、今では利用している人は以前より少ないようです。

しかしFacebookと違って匿名で利用できるほか、地元の人を探せたり、共通の話題で人を検索できたりと、出会い系より安全で意気投合しやすく、出会い系ツールとして最適です。

mixiに登録していると、知らない異性からメッセージが届いたり、浮気や不倫のコミュニティーもあり、明らかに出会い目的で使用している人が一定数います。
異性の友達はもちろん、浮気からセフレ探しまで、あらゆる出会いができてしまいます。

相手のmixiのアカウントがわかる場合には、コミュニティーやマイミク一覧などをチェックして浮気相手などがいないか、浮気や不倫などのコミュニティーに入っていないか確認しましょう。

もし怪しいマイミクを見つけた場合、mixiには足あと機能があるので、相手のページに飛んでしまうと相手のページに足跡がついてしまいます。足跡は足あと>「自分の足あと」から削除できるので、訪問を知られたくない相手の足あとはすぐに削除しておきましょう。

もしアプリ内を見ることができるなら、「メッセージ」からどんなメールのやり取りがあるかチェックしましょう。

Ameba(アメーバ)

app-lineAmeba(アメーバ)
CyberAgent, Inc.
価格: 0円
btn_appstore

Amebaではブログのほか、ゲームやアメーバピグと呼ばれるアバターでのコミュニケーションが取れるサービスです。元々はブログサービスから始まったAmebaですが、ピグと呼ばれる仮想世界サービスが人気となり、若い女性を中心として多くのユーザーが利用しています。

アプリ内を見ることができる場合、まずはメニュー>「メッセージ」から怪しいやり取りのメールがないかチェックしましょう。

次に「サークル」から登録しているコミュニティーを見ることができるので、どのようなコミュニティーに参加しているか確認します。

さらに「ピグ」から、iPhoneの場合は「Safariで開く」でピグの部屋へ移動します。メニュー>「ピグとも」から友達になっているピグをチェックして、浮気相手などがいないか確認しましょう。怪しい相手がいたら、対象者のIDやプロフィールをチェックしておきましょう。

浮気&不倫を隠すアプリ

浮気や不倫をしている人は、スマホの中身は見られて困るようなものがいっぱいです。そこで、そんな人は見られて困るような写真や動画などを隠したりアプリにパスワードをかけたりして、万が一スマホの中身を見られても大丈夫なように、用意周到に細工をしています。

これらのアプリが入っていたら、十中八九浮気&不倫を疑っていいと言えるでしょう。しかし、人によっては巧みにフォルダの奥に隠していたりするので注意が必要です。

また、中にはアプリの表示自体を消すことができるアプリもあるので、そうなってくるとアプリを見つけることは不可能になってしまいます。

スマホの中を見ても、何も怪しいアプリが見つけられなかったからと言って、完全に白だとは限りません。スマホ以外でも何か怪しい兆候があるならば、別の方法で浮気&不倫の証拠を見つけるようにしましょう。

関連:浮気チェックポイント
関連:自分で浮気を調査する方法

新しいアプリもどんどん出てきていますので、ここでは浮気や不倫を隠すことができる代表的なアプリをご紹介します。

秘密のファイルを隠すアプリ iPhone

app-line秘密の電卓-写真とビデオを隠し&ロックあなたのプライベート写真/動画
cai xiuzhu
価格: 240円
btn_appstore

一見「電卓」にしか見えないアプリですが、パスワードを入力すれば、電卓の裏に写真やビデオを隠すことができます。もちろん普通の電卓としても使えますので、これらのアプリの存在を知らなければ、完全に見落としてしまいます。

同じような機能で「電卓」にしか見えないアプリがいくつも出ているので、下記のようなアプリも同様に写真や動画を隠すことができます。

他にも似たようなアプリがいくつも出ているので、iPhoneにデフォルトで搭載されている電卓アプリではなく、わざわざ別の電卓のアプリを入れている場合は要注意でしょう。

app-lineiSafePlay
Fanship
価格: 0円
btn_appstore

写真や動画にパスワードがかけられます。パスワードとフェイクパスが設定することができ、フェイクパスはロックしたアイテムは閲覧できないので、パートナーに「アプリの中身を見せて」と迫られても、フェイクパスを教えることで、見られたくないものを隠すことができます。

app-lineEternalbum – ロック付きの写真管理者,写真金庫,写真編集者と写真アルバム
John Denne Design & Consulting Service
価格: 0円
btn_appstore

パスワードロック付きのアルバムアプリ。アプリのアイコンがロック付きのアルバムに見えないのに加え、フェイクパスも設定できるので、アプリの中身を見せるように迫られても、ダミーアルバムを見せることができます。
さらに、簡単な写真の編集機能もあり。

課金すると、フォルダーごとにパスワードがかけられたり、偽の写真や、アプリを勝手に開けようとした人の写真を撮るなどの機能も使えるようになります。

秘密のファイルを隠すアプリ Android

app-lineiSafe • アプリロック (AppLock)
Awesapp Limited
価格: 0円

写真や動画にパスワードがかけられます。もちろんフェイクパスも設定可能。
さらに、アプリごとにパスワードをかけられます。

app-lineGalleryVault-写真、ビデオ、ファイルを隠します
GalleryVault Developer Team
価格: 0円

他人に見られたくない写真、動画、そのほか全てのファイルを簡単に非表示にしたり暗号化できるアプリです。アプリのアイコンも隠すことができるので、このアプリがインストールされているかすらも隠すことができます。

app-line私の電卓
ChirpApps
価格: 0円

こちらも電卓にしか見えないアプリですが、パスワードを入力すると、SMS、MMS(写真メッセージ)、電話ツールとして使えます。通常の履歴に残らないので、特定の発着信履歴を隠すことができます。

証拠を簡単に消せるアプリ

iPhoneでは履歴を削除するようなシステムAPIを操作するアプリを許可していないので、一括で履歴の削除ができる外部アプリがありません。よって、ここではアンドロイド系スマホアプリのみ紹介します。

app-line履歴消しゴム
INFOLIFE LLC
価格: 0円

スマホに残った履歴を一気に削除できるアプリ。履歴を削除することによってスマホを軽くすることもできるので、入っていても疑いにくいアプリです。

ブラウザ履歴・通話履歴・よく使う連絡先・SNS/MMS・検索履歴・クリップボード・アプリキャッシュなどの履歴を削除できます。

他にも履歴消しアプリは同じようなアプリがいくつか出てるので、どれか一つでも入っていたら、他のアプリと併せて検討しましょう。

盗み見防止アプリ iPhone

スマホ内にこれらのアプリが入っていたら、こちらがのぞき見したことがバレてしまいますので、注意しましょう!

app-lineスマホ勝手に見たやつを撮影!盗み見トラップ
ChirpApps
価格: 0円
btn_appstore

正しいアプリを別の場所に隠しておいて、好きなアプリの偽アイコンで罠を仕掛けます。偽アプリを開いた時点で、パスワード画面が表示され、パスワードを入力してもしなくても、盗み見ようとした犯人の写真を撮影します。

偽アイコンは本物そっくりなので、このアプリの存在を知らないと絶対に引っかかってしまう恐ろしいアプリです。

app-lineのぞき見チェッカー
Airwire products.
価格: 120円
btn_appstore

アプリを起動した瞬間にフロントカメラで写真を撮ります。フェイクのパスワード画面が表示され、入力したパスワードが保存されるので、こちらが何のパスワードを入力したかもバレてしまいます。

app-lineのぞき見チェッカー2 – Login Logger(ログイン・ロガー) 他の人からの盗み見をチェック!覗き見ログアプリ 彼氏に携帯をのぞかれてると思ったら
Airwire products.
価格: 0円
btn_appstore

勝手にスマホを見た後に通知されるアプリ。起動した時刻、場所、入力されたパスワードを記録し、1時間後に自分宛に通知します。アプリを起動した覚えがないのに通知が届いたら、覗き見されていることがわかります。

盗み見防止アプリ Android

app-lineくまモンのアプリロック
TELEMARKS
価格: 0円

指定したアプリにパスワードでロックできるアプリ。パスワードの設定で「キーランダムに配置」すると、パスワード入力時に毎回キーの配置が変わるので、指の動きでパスワードを読むこともできません。

また「のぞき見撮影」機能は、のぞき見した人の写真をこっそり撮影してくれます。さらにパスワードを5回間違えると、フロントカメラでこっそり写真を撮るので、勝手に盗み見たことがバレてしまいます。

このアプリが入っていたら、パスワードがかかっているアプリの中を見ることはハードルが高いですが、逆にこのアプリが入っていたらほぼ黒と疑っても良いかもしれません。

メールや写真の証拠を見つけても泳がせた方がいい!?

もしスマホの中を見て証拠を見つけて、我慢できずに相手に問いただしても、相手が口が上手かったり言い訳を用意しているような場合には、疑わしくも浮気・不倫を白状させることができないでしょう。中には、明らかな嘘をついてまでも、浮気・不倫をしていることは絶対に認めないツワモノもいます。

参考:浮気した相手に浮気を認めさせる方法と注意点

さらに離婚や慰謝料などで裁判に発展する場合、メールやアプリの証拠だけでは不貞の証拠としては弱く、不倫の立証ができない可能性もあります。

参考:浮気の証拠となるもの

スマホを見て浮気や不倫が発覚したとしても、そこからさらに証拠を手にいれるよう泳がせたり、自分からボロが出るよう仕向けたりして、こちらが不利にならないようにしながら浮気・不倫の証拠を手にいれるようにしましょう。

もし裁判で争うことになる場合は、裁判でも有効な「不貞の証拠」を入手することが必要です。一旦相手が不倫の事実を認めたとしても、裁判になったら一転して意見を覆すということはよくあるようですので、できれば言い逃れのできない証拠を入手しておいたほうが良いしょう。

裁判になるかどうかに関わらず、慰謝料、離婚、親権取得へと発展する場合には、弁護士に相談したり、探偵に浮気調査をして不倫の証拠を入手してもらうなどして、今後自分が有利に進めていけるように準備していきましょう。

まとめ

スマホの登場で、以前よりも簡単に浮気・不倫ができるようになりました。そのぶん、スマホ内には証拠がいっぱいです。スマホの中を見ることができれば、きっと浮気や不倫の証拠を手に入れられるはずです。

しかしスマホを見るのいわゆるマナー違反。プライバシーの侵害となる可能性もありますので、個人のスマホ・iPhoneの中を見る行為は自己責任で行ってください。

さらに、スマホを見て浮気・不倫が発覚したとしても、プライバシーの塊であるスマホを勝手に見たということで、あなたに対する信頼も落ちてしまうかもしれないということも覚えておいてください。

とは言え、浮気や不倫をする方がよほど悪いのですが。窮地に立った側は、自分のことは棚に上げて相手の非を攻めるのは常ですから気をつけてください。