旦那がキャバ嬢と浮気!どうしたらいい?

旦那がキャバ嬢と浮気!どうしたらいい?

旦那がキャバ嬢と浮気!どうしたらいい?

メールやLINEを偶然見てしまった、クレジットカードの請求書を見て浮気していると発覚した。旦那がキャバ嬢と浮気をしていると偶然知ってしまったあなた。
信じてたのに浮気されて悔しいですよね。しかも相手はキャバ嬢だなんて…。

キャバクラは浮気じゃないと言い張る人もいますが、あなたが浮気だと思った時点でそれは浮気です。
でも相手がキャバ嬢だなんて、どうしたらいいの?と思いますよね。自分よりも若いであろうキャバ嬢相手に、どうやって太刀打ちすればいいのでしょうか?

そこで今回は、旦那とキャバ嬢が浮気をしている場合の考えられるケースと対処法をご紹介します。

キャバ嬢の営業?それとも浮気?を見極める

浮気相手がキャバ嬢の場合、旦那さんはキャバ嬢と付き合っているつもりでも、キャバ嬢はただ営業しているだけの可能性もあります。

金づるとしてカモにされているということです。
このような場合、特に今まで恋愛に奥手だった人が陥りやすいケースです。

キャバ嬢にとって男性との駆け引きは仕事のうちです。お客にお店でお金を使ってもらうのが仕事ですから、お客が自分に恋してくるのは都合が良いと言えます。

たいていのキャバ嬢は、お客と体の関係になるとお店に呼べなくなると知っているので、体の関係を持たずに疑似恋愛してもらうように営業をかけます。
また多くのお店では枕営業が禁止となっているので、プロ意識が高いキャバ嬢ほど、これらのリスクを冒してまで体の関係になるのは少ないでしょう。

そのため、旦那さんとの関係も、キャバ嬢からしたらただの営業である可能性もあります。いくらラブラブなメールのやり取りを行っていても、キャバ嬢にとってはお店に来てもらうための営業でしかありません。

このケースの場合、キャバ嬢と体の関係になっている可能性は低いでしょう。

体の関係が無ければ浮気の証拠も取れませんし、浮気(不倫)とは言いがたく、証拠もないのに慰謝料の請求をしても、逆に言いがかりにより精神的苦痛を受けたとして慰謝料を請求されることにもなりかねません。

とはいえキャバ嬢に愛情もお金を使われているので、浮気と同じくらいやっかいです。
しかも相手は色恋のプロ。あの手この手で旦那さんの気を引っ張りお金を搾り取られるでしょう。

対策:小遣いを減らす、もしくは小遣い制にする

キャバ嬢の営業にハマっているような場合、旦那の金の流れを制限することでキャバクラ通いをやめてもらうのが一番効果的です。

今まで小遣い制だった場合、キャバクラ通いの発覚を理由に、小遣いを減らすと良いでしょう。通うお金が無ければ、キャバクラに通う回数も少なくなるというものです。

キャバ嬢の方も、あまりお金を使ってくれない客相手だと、相手にする時間もだんだんと少なくなっていくでしょう。

今まで小遣い制ではなかった家庭の場合、これを機会に小遣い制にし、お金の流れを管理すると良いでしょう。

気を付けたいのが借金です。小遣いを少なくされてもなおキャバクラに通いたい人の場合、自分の知らないところで借金をされる可能性もあります。

クレジットカードは極力持たせないようにし、家の中にあるハンコや通帳などは隠してしまうなど、余計なお金を使わせないような環境にして様子をみましょう。

キャバ嬢とプライベートで浮気していた場合

プロ意識が高いキャバ嬢は枕営業をする可能性が低いと書きましたが、実は営業ではなく本気でつきあっているケースもあります。

実際にお客と付き合ったことがあるキャバ嬢は、実は8割にも上ると言われています。キャバ嬢も人間ですから、男性として惹かれるお客と本気で付き合うことも実は珍しくありません。

しかし既婚者のお客と不倫をするようなキャバ嬢というのは、寂しくてだらしのない子が多いです。水商売という仕事の寂しさから、既婚男性の包容力に惹かれて不倫をしてしまうようです。

対策1:お店に電話する

浮気相手に一言言ってやらないと気が済まないという方は、キャバ嬢のお店にクレームの電話を入れることも一つの手です。

大抵のキャバクラでは、働いている女の子がお客と付き合うことは禁止されています。その付き合ったお客をお店に呼べなくなるからです。

お店としてはその分売上が下がってしまうので、何かしらのペナルティを設けているところもあります。そのため、お客と付き合ってしまったキャバ嬢は、お店に内緒で付き合っていることが多いのです。

さらに、お客の、しかも既婚者と不倫しているという噂が立ってしまうと、キャバ嬢としても評価が下がってしまいます。
そのキャバ嬢が働いているお店と源氏名(お店での名前)を突き止め、お店に電話を入れると良いでしょう。

お店側も客商売なので、そんなクレームがあれば、その女の子に真偽を聞き出すでしょうし、不倫をしている事実がバレればそのキャバ嬢の評判も落ちます。

対策2:探偵に依頼して浮気の証拠をつかむ

ある程度自分でも浮気の証拠が手に入れば良いのですが、何も証拠が見つからない、相手から慰謝料をもらいたいなどという場合、探偵に依頼して浮気の証拠となる写真を撮ってもらいましょう。

不倫をするような子は規範意識が低く、自分が犯している罪に気づいていないこともあります。特に若いキャバ嬢は大抵そこまで深く考えて不倫をしている子は少ないと思いますので、慰謝料を請求されれば、事の重大さに気づいて怖じ気づき目が覚めるでしょう。

相手の本気度にもよりますが、キャバ嬢vs妻となれば、社会的に見ても相手の立場が低いことは目に見えて明らかです。臆せずに強気に行けば、大抵は謝るか逃げるかして関係を解消するでしょう。

しかし特に金銭が絡んでくる場合、しらばっくれる人も多いので、探偵などを使ってしっかりと「体の関係があったという証拠」を手に入れておきましょう。

浮気の証拠となるもの

夫とキャバ嬢の浮気の注意点

注意する点は、自分の夫が既婚者だと言っていないこともあることです。

キャバクラという仮想空間の中で疑似恋愛が始まった以上、何も自分の本来の姿(既婚)を相手に正直に伝える必要はありません。男性側はキャバ嬢とエッチできればラッキーという人もいますから、もしそのキャバ嬢とプライベートで付き合っていたとしても、旦那さんが独身とウソをついていた可能性もあります。

もし独身だと嘘をついて付き合っていた場合、特に相手を妊娠までさせてしまったような場合には、逆に訴えられる可能性もあるので気を付けましょう。

キャバ嬢に直談判する前に、当事者である夫に浮気を認めさせた上で、事前にどのような経緯で付き合うことになったのかよく話し合いをしておきましょう。

キャバ嬢は本気でも旦那が遊びで付き合っている場合、単なる遊びなので放っておいても問題は無いでしょう。

しかし、キャバ嬢を遊び相手としている男性の場合、お金使いが荒く、病気のように繰り替えす人もいます。

お金持ちならいいですが、遊びといえども別の女にお金を使われるのは嫌ですよね。
やめさせるには、浮気の証拠を手に入れてしっかりとお灸をすえる必要があります。

浮気の証拠を集める